過去の記事にて表現が不十分な箇所について&それを西洋占星術で説明してみる(キム・ヨナ水星編)

占星術においては主に表現・芸術に関する天体でよく用いられるのはおそらく月・水星・金星・海王星かと思います。 金星・海王星を重視する人は多いと思います。 そして水星を除いた3天体は受信天体です。 水星のみが発信する天体です。基本的な技術もここで見ると思います。 これに加えて表現にさらなる加勢をすると思われる天体は土星・冥王星でしょう。天王星も加わるかもしれません。 天王星は主にひらめきと…

続きを読む

つい先ほどの写真

先ほど田舎のジェラート屋さんにジェラートを食べに行った時の景色です………雪。 平日は食べに行けないので休みの日を狙って行ったのですが、雪。 ここ数年ずっとみどりの日は仕事だったので久しぶりの休日だったんだけど、雪。 それなのにジェラート。 食い意地が張っている(笑) 冬みたいなセーター着て行きました(笑) その甲斐あっておいしかったです。 ※あとから追記。この記事の画像はケータイの…

続きを読む

過去の記事にて表現が不十分な箇所について&それを西洋占星術で説明してみる

過去の記事にて表現が不十分な箇所があり、それに疑問を持たれた方がおられたようなので補足しました。 コメントへの返答なのでコメントになってしまいますが、こちらです。 またこのコメントの関連ではあるものの別件で上記の私のコメントは西洋占星術で説明できるか? という試みをしてみよう…と思いましたが、睡魔に襲われて今日は不可能でした…。

続きを読む

水星逆行中に設立されたキム・ヨナの新会社

…これが何を意味するか西洋占星術を囓った方にはわかるはず! 西洋占星術を囓ってない方に簡単に説明すると、天動説のホロスコープ上では、惑星の運行が時々逆に見えることがあるのです。 その中でも特に水星の逆行は影響が大きいというか自覚されやすいようです。 水星は主にコミュニケーションや短期の旅行、あるいは思考、ツール、あるいは商売、流通などに関連がある天体です。 この水星が逆行するとどういうこ…

続きを読む

早退しました

風邪をもらってしまったのですが、土曜も無理して1日当番やったら声が出なくなり、それでも今日も半日仕事しましたが、結局午後から早退。 声を出さなくて済むと大分楽。 喉に少しでも力が入るととても痛むので。 ちょっと目眩がするので寝るかな…

続きを読む

フィギュアスケート関連の偏向報道っぷりを更に更にさらけ出しているマスコミ

…にやっと気がつきました。 ここのところ残業に次ぐ残業でニュースをとんとチェックしていなかったのと、激しく田舎のためこちらでは放映されていない局の番組関連の報道だったせいもあります。http://sankei.jp.msn.com/sports/other/100424/oth1004240655003-n1.htm偽、偽装!? 偽装、偽装ねえ………。 でもアイスショーですよね? 競技だ…

続きを読む

本日は

一日仕事でした。 そして帰ってきてから同居人のためにMS Access講座を開講していました。 視点を変えると恐ろしく使える武器になります、Access。 Excelの発想は捨ててしまいましょう。 頭の中で直感的に考えている通りに、目的のデータを鷲掴みにして自在に扱えます。 Accessが理解できるように、四則計算やちょっとした関数の式を考えるのに最初は工夫が必要ですが、それすらも面白…

続きを読む

浅田真央に「恋をしなさい」とタラソワコーチが言ったそうですがホロスコープ的には

…うーん、うーん。 一般的には確かに恋は感情表現の引き出しを増やすのには有効だと思います。 しかし、ホロスコープ的にどうかというと…うーん、うーん。 と唸ってしまいます。 なぜかと言いますと要するに浅田選手は恋愛的にはおそらく慎重派。 乙女の金星は恋愛には奥手ですし、その上この金星がアスペクトを作っているのは唯一山羊の土星とのトラインだけ。 これはおそらく、ゆっくり時間をかけて相手を…

続きを読む

占いは自分でやるのがおすすめ

…何でかといいますと 無料で出来るから(笑・でも出来るようになるまでの投資は必要…テキスト代とか) 恣意的に他人にねじ曲げられることがない(でも自分でねじ曲げてもダメ) 世間に行き渡っている「アミューズメントとしての占い」と「誠実な占い」の見分けが付くようになる(ただし誠実を装った偽物も多いので、嘘を嘘と見破る眼力はやはり必要) 自分で出来るとかえって占いに頼ろうという気がなくな…

続きを読む

寒いんです

雪が降ったためです。 同僚も風邪を引いてしまって、大変そうでした。 昨日は今年初めての花を見て、DP2で撮ってみたりしたのに、今日はその花も白い雪の下。春遠からじ…とは行きませんね…。

続きを読む